ダイエットについて

ダイエットの基本

基本的には、食事のコントロールが一番大切な事になります。

食事と運動を組み合わせたダイエットを行う場合には、総カロリー数の15%カットを行って下さい。このとき、『ご飯(炭水化物等)は食べない』という食事ではなく、食べる量を減らす事に心がけてください。

健康的なダイエットは、一緒に筋トレをして身体の代謝量のアップを行って、脂肪の燃えやすい身体を作るのが理想だと思います。

極端な食事制限だけで短期間に痩せるような誤ったダイエットを行っても、身体の脂肪が減る事はありません。却って栄養失調状態になり、体調に変化を来し大切な筋肉も痩せてしまったり、リバウンドも起こしやすいので、身体の中から作り上げることで、『長く続くダイエット』『美しいボディライン』を目指して、長期計画でストレスのないダイエットを目指してください。

筋トレを行って筋肉を鍛えて筋肉量が増えて行くと、身体の基礎代謝量も増加して行くので、不足するエネルギーは脂肪を分解して使うようになり、自然と脂肪燃焼が行われるようになります。

ですが、食事で十分なエネルギーが供給されてしまうと、脂肪が燃焼されることもありませんし、さらに脂肪を貯めこむ結果にもなりかねませんので、食事の量(脂質やカロリーの摂取量)を考えて、栄養バランスの良い食事を摂ってください。

また、筋肉を成長させるにはたんぱく質を摂取することが大切ですし、骨にはカルシウムも必要になります。

食生活を考えた結果だからと言って、食事の回数やおやつの回数なども無理に変える必要はありません。(問題は、食事の量や質です。)

食生活のリズムを変えると、定期的に供給されたエネルギーが停止されるので、餓えを感じた身体が自動的に防衛反応をして、少ない回数の食事からカロリーを摂取しようと働いたり、却って脂肪を貯めこむ方向へと働いたりしますので、食事のとり方(回数)にも注意してください。

あと、ジムなどで筋トレを行って、運動を重ねていくと脂肪は減りますが、筋肉量が徐々に増えるので、「体重の減少」が段々と止まるかも知れません。

これは、筋肉の質量よりも脂肪の質量の方が軽いので、筋肉の量が増える事で体重の変化が少なくなる事になります。理想(標準?)体重にならなくても、ある程度鍛えられた体になると筋肉もしかっりして来るので、体重が重いことが身体の負担になることはないし、ダイエットの基本は、体重を落とすのではなく、体脂肪を落とすことなのです。

あなたは、「痩せただけの身体」と「綺麗に引き締まった身体」のどちらを摂りますか?(^^)

体重の計り方

普段、色んな時間に体重計に載って、増えた減ったと一喜一憂していている方も多いと思いますが、計る時刻によっては、自分の正確な体重を表示をしているとは限りません。

日中測定では飲食することで、体重は1kg以上の違いを示したりするので、かなり大雑把な体重しかわかりません。

正確な体重測定の時期としては、朝、目覚めてトイレを済ませた後だと、前日の代謝を済ませた身体になっているので、一番正確な体重だといえます。

体脂肪の計り方

 体重と同じように、体脂肪計を使って色んな時刻に計っているかと思います。こちらは、朝ではなく夕方から夜にかけて、いつも同じ時間に測定するようにすると、ある程度正確な数値になると思います。

 体脂肪計は電気的な方法で測定しているので、入浴後や運動後など汗をかいた体では、正確な数字が出ませんので注意してください。

 また、手足の電極部分に触れる肌は、若干の湿り気がある方が良いとも言われていますので、固く絞ったタオルなどで足裏を軽く拭いて置くとよいでしょう。

 食事の考え方

サプリメント

ダイエットに役立つサプリメント

健康食品