身体障害者手帳と更生医療

【身体障害者手帳について】
皆さんは、『身体障害者手帳』って知ってますよね。
でも、自分には関係無いって思って居る方の方が多いと思います。
股関節の病気の場合には手帳取得の対象になる方が多数居ると思いますので、簡単に手帳についての説明をします。

身体障害者手帳は、障害の程度により1〜7級に分けられていて、障害の部位や程度ごとに決められた等級になっています。(7級は手帳が発行されません。)

【下肢障害の場合】
1級:1 両下肢の機能を全廃したもの
2 両下肢を大腿の 2分の1 以上で欠くもの

2級:1 両下肢の機能の著しい障害
2 両下肢を下腿の 2分の1 以上で欠くもの

3級:1 両下肢をショパー関節以上で欠くもの
2 一下肢を大腿の 2分の1 以上で欠くもの
3 一下肢の機能を全廃したもの

4級:1 両下肢のすべての指を欠くもの
2 両下肢のすべての指の機能を全廃したもの
3 一下肢を下腿の 2分の1 以上で欠くもの
4 一下肢の機能の著しい障害
5 一下肢の股関節又は膝関節の機能を全廃したもの
6 一下肢が健側に比して 10センチメートル以上又は健側の長さの
10分の1 以上短いもの

5級:1 一下肢の股関節又は膝関節の機能の著しい障害
2 一下肢の足関節の機能を全廃したもの
3 一下肢が健側に比して 5センチメートル以上又は健側の長さの
15分の1 以上短いもの

6級:1 一下肢をリスフラン関節以上で欠くもの
2 一下肢の足関節の機能の著しい障害

7級:1 両下肢のすべての指の機能の著しい障害
2 一下肢の機能の軽度の障害
3 一下肢の股関節、膝関節又は足関節のうち、いずれか一関節の機
能の軽度の障害
4 一下肢のすべての指を欠くもの
5 一下肢のすべての指の機能を全廃したもの
6 一下肢が健側に比して 3センチメートル以上又は健側の長さの
20分の1 以上短いもの

となっています。

【障害が重複する場合】

障害等級指数を加算して、障害等級が決定されます。

<障害等級別指数> <障害認定等級と合計指数>
1級:18 1級:18以上
2級:11 2級:11〜17
3級: 7 3級: 7〜10
4級: 4 4級: 4〜 6
5級: 2 5級: 2〜 3
6級: 1 6級: 1
7級: 0.5

僕の場合は「両股関節」になっているので「4級」ですから、
2点+2点=4点 の計算です。


【手帳交付までの流れ】

もちろん、医師に障害の診断して貰わなくてはいけませんが。。。
医師免許を持っている人の記入なら、誰でも良いと言う訳ではありません。
「身体障害者認定の資格」のある医師によって作成された診断書を、居住地の福祉事務所に提出する必要があります。
認定医によって記入されたものであれば、病院の所在地等は関係ありません。

*認定医の居る病院や医師の名前、その他不明な点は、福祉事務所に問い合わせて下さい。


手帳交付までの手順
1.福祉事務所にある、身体障害者手帳交付申請の書類を貰います。
病院によっては、書類が用意されている場合もあります。
2.認定医に診断書に記入して貰います。
病院規定の文書料が必要ですが、文書料の補助規定がある市町村もあります。
3.写真を添えて、福祉事務所に提出します。
4.各都道府県の福祉審査会で申請書類の審査を行います。
5.認定された場合、申請から1ヶ月強程度で手帳が交付されます。

多くの場合、主治医が記入してくれると思いますが、病院や医師によって、障害者
手帳の交付基準の考え方が異なっているようですので、医師ともよく相談してから
行うようにして下さい。
術前の申請であれば、所得面などから更正医療の適用を受けたいと、医師に訴える
事も出来ると思います。



【最低でも、6〜7級】

変形性股関節症などの股関節の障害を持ってる方の多くは、6〜7級(軽度の障害)に相当するかも知れません。
障害の等級は、レントゲンなどによる検査や可動域、歩行障害などの程度によって認定医が概ねの判断を申請書に記入し、都道府県の審査会で決定されます。
また、人工股関節置換をした場合は、3〜4級に認定されるので、医師から手帳申請や再申請の話があると思います。


【手帳を取得した場合、何か変わるのか?】

手帳を取得したからと言って、生活が変化することもありませんし、何らかの義務を負う事もまったくありません。
障害者手帳が交付されると、障害者のための優遇措置を受ける事が出来ますが、全て申告制になっていますので、なにもしなければ手帳の恩典を行使することが出来ません。

・障害の治療を行うために、更正医療などの医療補助があります。
・専門施設で、職業訓練やリハビリテーショーンを受ける事が出来ます。
・所得税の障害者控除や自動車税等、各種の税金の減免措置があります。
・有料道路やバス・鉄道・航空機運賃の割引が受けられます。
・映画館や美術館などの施設を利用する場合、入館料の割引を受けられる所があります。
・駐車禁止規則の適用除外。「駐車禁止場所」への駐車が出来ます。
(道交法で定められた駐車禁止場所への駐車は違反になります)
・市区町村によっては、ガソリン代の補助やタクシー券など、交通費の助成を
行っているところもあります。
・他に、補装具や住宅・車両改造関連の助成が受けられます。

以上、代表的なものを上げましたが、公的には多くの助成が用意されて居るようです。
上記の中には、障害等級によっては対象にならないものや、所定の手続きが必要なものもあります。


【更生医療】

更生医療は、当該世帯の所得税額が 3
960
000円以下の場合に適用され、納税額によって自己負担分が変化しますが、住民税が非課税の場合には費用の全額が免除されます。

この制度は、障害認定(1〜7級)された方(18歳以上)が対象で、障害の除去や軽減のための医療を指定医療機関で受けることが出来ます。
この制度は何度でも利用でき、健康保険では別計算になっている入院中の食費も更生医療によって支払われます。

僕の場合、最初の左股関節の手術のあとに障害認定を受けたので、その後、左抜釘、右臼蓋形成、右抜釘と、3回利用しています

ただし、障害が認定された部位の治療が前提ですかから、右股関節だけ障害認定を受けている場合、左股関節の手術を受けようとして申請しても適用されませんので、術前に左股関節の障害認定を受ける必要があります。

通院の場合は3級以上?に適用され、本人の立替払いなどのあと、支払額が返還される仕組みのようです。(詳細不明)

入院の場合は、入院前までに「更生医療申請書」を福祉窓口に提出する必要があります。
医師や病院に記入してもらう必要があるので、入院前の最後の診察時までに持参して記入してもらうほうが良いと思います。
(書類は福祉事務所に用意されていますが、病院にもあると思います。)

入院時の受け付けでは、「更生医療を申請中」などと言っておくほうがよいでしょう。
審査は都道府県で行われて、本人と病院に結果が通知されますので、あとは待つだけです。
申請書に書かれた入院期間や費用(申請書に記入)が予定を超えた場合は、病院からの申請で追加の審査が行われるようになっていますから、別な手続きの必要はありません。

途中でリハ転院などする場合もあると思いますが、この場合についてどのようになるのかはちょっと不明です。


【一般の医療控除や補填等】

入院や手術の費用はかなりの金額になりますので、一度に支払うには痛い金額ですが、加入している医療保険によって還付される制度があります。

寝具代
入院中に病院の寝具(パジャマ等)をレンタル利用した場合の費用は、全て自己負担です。
僕が入院した病院では、1日当たり 70円で、週に2回交換(夏季は3回)となっていました。
手術日に着る「手術着」の分は、個人で用意できるものではないので、税額控除の計算に入れても大丈夫な場合もあるようです。(^^;

高額医療費
一ヶ月間の入院・通院医療費が 65
000円を超える場合、支払い額との差額が返還されます。住民税が非課税の場合 38
500円を超えた部分。(金額は怪しいかも(^^;)
支払い額の負担が重い場合などは、自己負担分だけを支払うことが可能な場合もあるので、病院と相談してみてください。

入院が月末、退院が月初めといった場合には、月単位の医療費の計算では適用部分が殆どないので、不利になってしまいますよね。

食費負担の軽減
入院中の食費は医療保険とは別に請求されますが、住民税が非課税の場合には食費負担が若干軽減されます。
こちらは、あらかじめ申請することも可能です。
申請すると保険証のような物が郵送されるので、入院時の受け付けで提示すると、減額された金額で支払い請求されるようになるので、面倒な還付申請を行う必要はありません。
前年の納税額から適用可否が判定されるので、有効期間は6月から始まって翌年5月までの1年間です。

いずれも、保険事務所か役所(国保)で行いますが、勤務先でも可能だと思います。
申請することで、支払った医療費の一部が還付される仕組みですから、退院後に忘れることなく手続きを行ってください。

疾病手当(休業手当て?)
勤務先からの申請で、本人に療養手当てなどが支払われます。
医師が記入した書類を毎月提出する必要があるので、きちんとした会社だと毎月申請書類を用意してくれると思います。

税額控除
1年間の医療費総額の10万円を超える部分に関して、納税額計の控除対象になります。
自腹を切った部分の計算ですから、高額医療費などで補填された金額は、医療費に計算してはいけません。(^^;

生命保険

保険契約にある入院保証や手術特約にかかれた契約内容の金額が支払われます。
入院の可能性があるかたは、もう一度、契約内容を確認して置きましょう。
でも、契約内容を変更して、すぐに入院ではマズイかも・・・(^^ゞ

複数契約してる方などは、給与よりも多額になる場合もあるようです。
まぁ、働いているのと違って、土日関係なく計算してくれるので嬉しいですよね。(笑)


【注意】
病院で診断書などの各種書類を受け取る場合、診察時に記入して渡してくれる場合と、病院のシステム上「後日」になってしまって、すぐに書類を受け取れない場合があります。
急ぐ書類の場合には、注意して対応してください。