脚の運動 1 2 3 4

1回の運動回数は、1セット(10〜20回)を2セット程度を目安

(図1)

 太腿の表側を鍛える為の簡単なトレーニングです。

 

 脚を伸ばして踵を立てた状態を保って、膝の上部にある筋肉に力を入れて、しっかりと筋肉に意識を集中して、筋肉が動くのを感じてください。

 

 うまく感覚がつかめない場合は、膝を床に付ける感じに動かすと、同様の状態になるので、筋肉が動く感覚をしっかりと感じて見て下さい。

 筋肉に力が入った常態を5秒程度保持したあと、力を解放して下さい。

 1日に数回行うと良い効果が出ると思います。

(図2)

 足首を動かして、脚全体の運動です。

 

 ふくらはぎから太腿にかけての筋肉の運動が出来ます。

 足先を伸ばしたり手前に起こしたりします。

 この運動は、手術後の寝た状態になっているときには、筋肉を動かすことで脚に滞留した血液を心臓に送り返すポンプの役目もするので、血栓を予防する効果もあります。

 入院中は『時々足首を動かすように〜』と指示される場合もあると思います。※普段は、歩行することで筋肉が動くので、自然に血液が心臓へ送り返されています。

 

 このように足を動かすことは、長時間航空機の機内の椅子にに座ったままになるのが原因で発生する『エコノミー症候群』の予防にもなるので、そんな場合は機内の椅子にかけたままで足首を動かすのも良いと言われています。