脚の運動 1 2 3 4

脚の開脚運動

(図8)  床に仰向けに寝て、片脚を開いたり閉じたりする運動です。

 滑り難いところだと運動し難いので、なるべくすべり易いところで行うと楽に行えます。(特に踵の部分)

(図9)  筋力が付いてきたら、膝の上の辺り(膝にはかけない事)にゴムをかけて、開脚運動を行うと効果があります。

 パートナーが居れば、太腿の外側に両手を着いてもらって、手が動かないようにしっかりと床に固定し、両脚を広げてもOKです。

 脚を開いて、数秒間保持します。

 股関節の負担がかかる場合は、無理をしないで下さい。

(図10)  脚の内側を鍛える運動です。

 脚の間に枕などの固めのクッションを挟んで、両足で挟みこんでください。

 適当な大きさのものがなく、かなり大きめ(厚め)のクッションになる場合は、両足を大きめに開いて両膝を立てた状態で、太腿で挟むような動作でもOKです。

 パートナーが居れば、太腿の間に両手を着いてもらって、手が動かないようにしっかりと床に固定し、両手を挟み込むようにしてもOKです。

 脚を閉じて、数秒間保持します。